あなたは読者から著者になる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「 錦織圭選手に見たポジティブ英語 」

<<   作成日時 : 2016/09/26 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南のキャンパスの一室から

                                   南 部 みゆき

    「錦織圭選手に見たポジティブ英語」

  南米初のリオデジャネイロオリンピック、パラリンピックが閉幕しました。
スポーツニュースで映像を確認する程度でしたが、
それでも、多くの選手のひたむきな姿に感動しました。
中でも、テニスプレイヤーの錦織圭選手が
スペインのナダル選手と争ったブロンズメダルマッチは印象的でした。
テニスに詳しくない私でも、錦織選手がナダル選手に対して
ほぼ完敗状態が長年続いていたことは知っていました。
そしてとうとう今回のオリンピックでは、約3時間にも及ぶ死闘の末に、
錦織選手がナダル選手を破って銅メダルを勝ち取りました。
日の丸の旗を後ろ手に両手で持ち、
ヒラヒラとはためかせながら天を仰ぐような姿が目に焼き付きました。
オリンピックが閉会し、
今度は全米テニスオープンの初戦で快勝した錦織選手について、
ロイター通信が以下のように書いていました。

  Sixth-seed Nishikori, a runner-up at the U.S. Open two years ago, held off a fightback from German Benjamin Becker on Tuesday to kickstart his 2016 title bid with a 6-1 6-1 3-6 6-3 victory.
(2年前の全米オープン第2位で、今大会第6シードの錦織選手は、
火曜、ドイツのベンジャミン・ベッカーの攻撃を退け、
6−1、6−1、3−6、6−3で勝利し、
2016年度のタイトルに弾みを付けました)

  英文にある、runner-up は、スポーツ界に限らず、
何かしらの競争における2位の人あるいはグループを指す表現です。
英語についてよく言われることの1つに、
「前向き」な表現が多いことが挙げられますが、
このrunner-up もそうでしょう。
自分より前を行く相手を追いかけようと、ぐんぐん迫っていく感じがして、
second place (2位)と言われるよりは、ずっと肯定的な感覚があります。
日本語にしてしまうと、どちらも「2位」になるので、
そのあたりがやや残念ではありますが……。

  また、錦織選手は日本語インタビューだけでなく
英語のインタビューもよくこなしますが、
前向きな表現goodやgreat をよく使っていることに気づかされます。
例えば、自分だけでなく対戦相手の選手にも「いい試合内容だった」
という意味で、play good やgood matchを使い、
勝ち負けに関係なく、great experience (素晴らしい経験)
と表現することも多いようです。
また、精神的な強さが求められる世界ですので、それに関連した語も多く、
confidence (自信)に a lot of (たくさんの)を付けて例えば、
“I got a lot of confidence from Toronto (where he reached the final) and this summer in the Olympics, too.”
(トロント(前回の決勝戦)や、
今回のオリンピックでも大いに自信が
Mentally, physically, I'm ready for these two weeks.”
(今大会2週間に向けて、精神的にも肉体的にも仕上がっています)と
述べていました。
弱気になることはないのかな、と思いますが、
同インタビューで“He started playing much better so it was tough third and fourth sets but luckily I got out of the last two games.”
(第3と第4セットでベッカーがすごく良いプレーをしてきたので大変でしたが、
運よく最後の2つのセットで抜け出せました)と言っていたように、
「大変だ」という表現にtough を使っています。
英語学習者としては、difficult を使ってしまいがちですし、
事実、使っても意味は通じます。
しかし、tough には、「なかなかめげない」や「踏ん張りのきく」といった、
人間の芯の強さもあわせ持つ単語という理由からか、
困難に立ち向かう姿勢が見てとれ、
聞いているほうも少し勇気をもらえる表現のように思えます。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「 錦織圭選手に見たポジティブ英語 」 あなたは読者から著者になる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる