テーマ:写真で語るフォトエッセイ

鎌倉百景散策【8コース】「葛原岡――大仏ハイキングコース」

   写真で語るフォトエッセイ【連載35】                               〈写真と文〉佐 藤   繁   鎌倉百景散策【8コース】「葛原岡――大仏ハイキングコース」  〈コース〉  北鎌倉駅→①浄智寺→②葛原岡ハイキングコース →③葛原岡神社・日野俊基の墓(昼食)→④大仏ハイキングコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策 【7 コース――大船観音~鎌倉湖~覚園寺――】

   写真で語るフォトエッセイ【連載34】                              〈写真と文〉 佐 藤   繁   鎌倉百景散策【7 コース――大船観音~鎌倉湖~覚園寺――】  (コース)JR大船駅下車→①大船観音→(大船駅からバス)→②鎌倉湖(散在ガ池)~(鎌倉アルプスを越え)→③覚園寺(寺僧案内…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策【6コース――大町から材木座ヘ――】

   写真で語るフォトエッセイ【連載33】                              〈写真と文〉 佐 藤   繁   鎌倉百景散策【6コース――大町から材木座ヘ――】  〈コース〉鎌倉駅→①本覚寺→②抄本寺→③常栄寺(ぼたもち寺)→④安養寺→⑤安国論寺→⑥長勝寺→⑦光明寺→⑧和賀江島→⑨逗子マリーナ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策【5コース】――鎌倉幕府滅亡の一日を歩く。

   写真で語るフォトエッセイ【連載29】                                  〈写真と文〉佐 藤   繁   鎌倉百景散策【5コース】――鎌倉幕府滅亡の一日を歩く。  〈コース〉 江ノ電「極楽寺駅」→①極楽寺切通し〈成就院〉→②稲村ケ崎〈新田義貞の鎌倉政略〉→③由比ケ浜決戦〈無名戦士の墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●鎌倉百景散策【4コース】――鎌倉東を訪ねて

   写真で語るフォトエッセイ【連載31】                  〈写真と文〉佐 藤   繁 ●鎌倉百景散策【4コース】――鎌倉東、神社・仏閣を訪ねて―― 〈コース〉横須賀線『鎌倉駅』→①鶴岡八幡宮を通って源頼朝の墓く大蔵 幕府跡〉→②荏柄天神社→③鎌倉宮→④永福寺跡←⑤瑞泉寺→⑥杉本寺→ ⑦報国寺(→…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策 3

   写真で語るフォトエッセイ【連載27】                  〈写真と文〉 佐 藤   繁   鎌倉百景散策【3コース】――北鎌倉から鎌倉へ  〈コース〉横須賀線『北鎌倉駅』→円覚寺→「東慶寺」→「浄智寺」→(踏切を渡る)「明月院」→「円応寺」→「鶴岡八幡宮」→〈小町通り〉→『鎌倉駅』。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策【2】

   写真で語るフォトエッセイ【連載26】             〈写真と文〉 佐 藤   繁   鎌倉百景散策【2コース】  鎌倉百景散策【2】――江ノ電に乗つてく龍口寺~満福寺~稲村ヶ崎~長谷寺~鎌倉文学館〉。  [コース]江ノ電「藤沢駅」=「江ノ島駅」→龍口寺→満福寺→小動岬→「腰越駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉百景散策〔1〕

   写真で語るフォトエッセイ【連載25】                               〈写真と文〉佐 藤   繁   鎌倉百景散策〔1〕寿福寺~英勝寺~海蔵寺~源氏山公園~銭洗弁天・佐助弁天  [コース]鎌倉駅西口~寿福寺~英勝寺~海蔵寺~〈化粧坂〉~源氏山公 園~銭洗弁天~佐助稲荷~鎌倉駅西口。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大磯』散策

   写真で語るフォトエッセイ【連載24】                             〈写真と文〉 佐 藤   繁   「大磯」散策 JR「大磯駅」前を出ると、右前方のロータリーの中に2メートル大の大きな石碑を見る。 横に「第一避暑地」と描かれ、縦に漢文で説明が入る。 簡単に言えば、明治18年松本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『江の島』 一周散策

   写真で語るフォトエッセイ 【連載23】                                      佐 藤   繁   『江の島』 一周散策 江ノ電「江ノ島駅」を降りて海へ10分、相模湾中央の江の島がアップで迫る。 「真白き富士の嶺 緑の江の島」と「七里ヶ浜の哀歌」に歌われたように、 西に秀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『源義経の兵法は、思いがけない奇襲戦法にあった!』

   写真で語るフォトエッセイ【連載22】                                      佐 藤   繁   源義経の兵法は、思いがけない奇襲戦法にあった! 源義経の戦いぶりは、思いも懸けない奇襲戦法にあった。 このことは平家と源氏との戦いにおいて、多くの人が知っている歴史的事件である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『猛けき女、北条政子の史跡を尋ねて』

   写真で語るフォトエッセイ 【連載24】                                      佐 藤   繁   『猛けき女、北条政子の史跡を尋ねて』  【1】 源頼朝と政子とのなれそめの地、蛭(ひる)ヶ小島。                (1)蛭が小島に建つ「蛭ケ島の夫婦」の像 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶然に左右されたお玉のはかない恋――森鴎外 『雁』

   写真で語るフォトエッセー 【連載23】                                      佐 藤   繁   偶然に左右されたお玉のはかない恋――森鴎外 『雁』  【1】上野、無縁坂の女のお玉と東京大学医学生岡田との恋。         ①映画「雁」のお玉(高峰秀子)と岡田(芥川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『森鴎外「高瀬舟」における安楽死』

   写真で語るフォトエッセイ【連載19】                              〈写真と文〉 佐 藤   繁     森鷗外『高瀬舟』における安楽死          写真①――京都の二条「一之船入」に浮かぶ高瀬舟。   【1】京都の「高瀬川」と「高瀬舟」について。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡き妹に会いに天上に架ける橋、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

   写真で語るフォトエッセイ【連載18】                               〈写真と文〉 佐 藤   繁   亡き妹に会いに天上に架ける橋、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』                     ① 妹トシ                     ② 教壇に立つ宮沢賢…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『平塚空襲の実態』

   写真で語るフォトエッセイ【連載20】                                      佐 藤   繁   『平塚空襲の実態』  【1】「平塚空襲」を書くに当たって         ◆図1――円内が設定されたB29による焼夷弾攻撃範囲。                ・投弾目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アオバトの群れ飛ぶ大磯照ケ崎海岸』

   写真で語るフォトエッセイ【連載19】                              〈写真と文〉 佐 藤   繁   アオバトの群れ飛ぶ大磯照ケ崎海岸  【1】照ケ崎の自然の岩礁の上に飛来するアオバト     大磯照ケ崎海岸岩礁で海水を飲むアオバト〈撮影、西ケ谷修一氏〉 アオバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『源頼朝の謎の死と旧相模川橋脚』

  写真で語るフォトエッセイ【連載18】                              【写真と文】 佐 藤   繁                ①源頼朝の像と伝えられる。  【1】源頼朝の死因は、謎(なぞ)のまま。  鎌倉幕府を築き上げ、武将として最高の征夷(せいい)大将軍となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晩年の島崎藤村と大磯町』

   写真で語るフォトエッセイ【連載17】                              【写真と文】 佐 藤   繁   『晩年の島崎藤村と大磯町』                ①島賑村と静子夫ん。                 (島崎藤村邸パンフレツトより) 【1】島崎藤村が晩年大磯に住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『間門川(まかどがわ)の河童伝説《茅ケ崎市西久保》』

   写真で語るフォトエッセイ【連載16】                               《写真と文》佐 藤   繁     【1】間門川伝説の場所。  神奈川県茅ケ崎市西久保の北端に茅ケ崎変電所があり、その北西百五十メートルの所に小出川に架かる大曲橋がある。 橋のたもとに「間門川伝説かっぱどっくり発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『姥捨伝説にみる老いた親を捨てられるか』

   写真で語るフォトエッセイ【連載15】                                      佐 藤    繁  【1】古典文学にみる姥捨伝説  信州、長野県の北部に姥捨山と伝えられる「冠着山」(かむりきやま)がある。 ここは、大昔から老いた親を山に捨てたという話が民間伝承として伝えら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『沢田美喜女史と隠れキリシタンの遺物』

 写真で語るフォトエッセイ【連載14】  〈写真と文〉佐 藤   繁  【1】沢田美喜女史の献身の生涯――「エリザベスサンダースホーム」                写真① 沢田美喜女史のレリーフの像                写真② エリザベスサンダースホーム入口のトンネル。  JR大磯駅前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の侵攻「相模湾上陸作戦」1

 写真で語るフォトエッセイ【連載13】                              〈写真と文〉 佐 藤   繁  【1】アメリ力軍の日本本土へのとどめの攻撃「コロネット作戦」 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本本土への侵攻を計画していた。 それは二段階に分かれていて、最初は九州地方への上陸侵攻作戦であ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『鎌倉は天然の城』

 写真で語るフォトエッセイ 09                             〈写真と文 〉佐 藤   繁  『鎌倉は天然の城』 【1】源頼朝の鎌倉入り 伊豆に流されていた源頼朝が、治承4年(1180)に兵を挙げたが、石橋山の戦いに破れ、命からがら舟で房総半島に渡った。やがて多数の武士が続々と集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農民一揆「真土騒動」

 写真で語るフォトエッセイ【連載08】                  〈写真と文〉 佐 藤   繁  【1】事件としての「真土騒動」  明治11年(1878)10月26日の夜、大住郡真土村(神奈川県平塚市真土)で農民一揆(いっき)が起きた。真土村の農民26人が、戸長(村長)松木長右衛門の屋敷を襲撃し、長右衛門ら家族と雇…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

■太宰治、初の心中「鎌倉小動岬(こゆるぎみさき)心中」

 ★★★★写真で語るフォトエッセイ【連載07】★★★★                  〈写真と文〉 佐 藤   繁 【1】太宰治の自殺・心中について 太宰治が自殺・心中を図ったのは何度かあったが、知られているのを記す。 (1)最初の自殺を図ったのは、弘前高等学校の3年の時だった。常用していた睡眠薬のカルモチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■逗子開成中学校ボート遭難と『七里ヶ浜の哀歌』

 ★★★★写真で語るフォトエッセイ【連載06】★★★★                              佐 藤   繁【写真と文】 ①逗子開成中学校ボート遭難の碑  鎌倉、江の電「稲村ヶ崎駅」で降りて海へ向かう。徒歩3分、広々とした海の展望が開く。ここが七里ケ浜で、左のこんもりと盛り上がった稲村ヶ崎を目指…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『城ケ島の雨』と白秋の三崎時代

 ★★★★写真で語るフォトエッセイ【連載05】★★★★                  【写真と文】佐 藤   繁  三浦半島の南端にある城ヶ島を全国的に有名にしたのは、北原白秋の作詞した『城ヶ島の雨』という舟歌であった。     城ヶ島の雨   雨はふるふる城ヶ島の磯に、   利休鼠(ねずみ)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『東慶寺に駈け入った女たち』

                               【写真と文】佐 藤   繁  横須賀線の「北鎌倉駅」を降りて、「駆込寺」「縁切寺」として知られた東慶寺に向かう。駅前のバス通りが鎌倉街道であって、江戸時代に江戸方面からどれだけ多くの女性が東慶寺に駆け込んだであろうか。駆け込み女は関東一円に及ぶが、江戸からの人が圧倒的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真で語るフォトエッセイ【連載03】

  『お玉の箱根関所破りの道』                                【写真と文】佐 藤   繁 1.関所を破ったとされたお玉は、「お玉が池」のほとりで獄門となった。  箱根の関所が取締りを始めたのは江戸時代の初期の元和5年(1619)で、明治2年に廃止されるまでの250年間、どれだけ多くの人が関所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more